現在ブログ構築中!

カッコよくライトセーバーを振るためのブログ

メイス・ウィンドウのライトセーバーと名場面

 
この記事を書いている人 - WRITER -
東方ヒデキ
神奈川県川崎市生まれのパダワン。修行中の身。ジェダイ寺院(という名のライトセーバー道場)を創建すべく、とりあえずライトセーバーの振り方の勉強からスタートする。トレーニングの様子をインスタグラムで公開中。 本業はマーケッター/セールスライター。法人や個人にビジネスのアドバイスを行う傍ら、クラウドファンディングなどにもチャレンジ。

■メイス・ウィンドウのライトセーバーって、どんなものだっけ?

■映画ではどんな活躍をしていたかな?

■名場面を観たい!

こんな疑問や希望にお答えします。

この記事の内容は…

・メイス・ウィンドウとは

・メイス・ウィンドウのライトセーバー

・メイス・ウィンドウの名場面

現在、僕はジェダイの騎士見習いとして、合氣道の剣術・杖術をベースにしてライトセーバーを練習し、Instagramでその様子を公開しています。

東方ヒデキ(ジェダイ・ナイト)(@hideki_east_padawan) • Instagram写真と動画

ジェダイ、シス問わず、先達がセーバーを扱うスキルを観察して活かそうとしています。

今日は、エピソード1に登場したジェダイ・マスター「メイス・ウィンドウ」について書いていきます。

メイス・ウィンドウとは

メイス・ウィンドゥ(Mace Windu)は惑星ハルウン・コル出身の人間の男性で、銀河共和国衰退期のジェダイ・マスターである。マスター・シスリン・マーのパダワンとして修行を積んだウィンドゥは、その技と知恵を認められ、ジェダイ最高評議会でグランド・マスター・ヨーダに次ぐ地位を勝ち得ていた。

クローン戦争の末期、元老院最高議長シーヴ・パルパティーンの正体がシスの暗黒卿ダース・シディアスであることが発覚すると、ウィンドゥはキット・フィストーやサシー・ティン、エージェン・コーラーらと共に議長を逮捕しようとした。他の3名はシディアスのライトセーバーに倒れたが、ウィンドゥはひとりでシス卿を追い詰めることに成功した。ところが、ダークサイドの誘惑に負けたスカイウォーカーが攻撃を阻み、結果としてウィンドゥが命を落とすことになった。

メイス・ウィンドゥ | Wookieepedia | Fandom

メイス・ウィンドウのライトセーバー

メイス・ウィンドウのライトセーバーは紫色です!エピソード1~9の中では、あとにも先にもこの人だけ紫色ではないでしょうか?

ヒルト(柄・持ち手)には金色の装飾があり、非常に高潔な印象を受けます。

一説によると、演じたサミュエル・L・ジャクソンが紫色のセイバーを希望したから、とか…。

メイス・ウィンドウの名場面

名場面1.ジオノーシスの戦い

オビ=ワンらを助けるため、ドゥークー伯爵や通商連合のいる惑星ジオノーシスへ赴くウィンドウ。

音もなく後ろから近づき、ジャンゴ・フェットにライトセーバーを向けます。

黒幕のドゥークー伯爵と対立するも…ロボット兵とジャンゴによる攻撃を回避するのが精いっぱいで、追い詰めることができません。

闘技場へ落下するウィンドウ。

ロボット兵を相手に立ち回ります。

実は、この場面。エピソード4以降では見られない、ジェダイの騎士総動員でのバトルとなっていて非常に迫力があります。

こんなにたくさんの光刃が交わる戦闘シーンは、スター・ウォーズでもここくらいではないでしょうか。

ジャンゴ・フェットとの一騎打ちです。

回転斬りで首を斬り落とし、ジャンゴを一蹴します。

劣勢を悟るドゥークー伯爵。

エピソード2で見ることができるバトルシーンでした。メイス・ウィンドウの剣技も多く見られます。このころのジェダイには様々な種族がいたんだなぁということもわかる、良いシーンでした。

名場面2.VSパルパティーン

パルパティーン議長のもとへ赴くウィンドウ。

ジェダイ4人での登場に、本性を現すパルパティーン。

きりもみしながら飛んでくるパルパティーン。じいさん強いぞ!

一瞬で3人のジェダイを倒したパルパティーンに追い詰められるウィンドウ。

しかし、盛り返します。

数分におよぶ剣劇ののち…

力押しで、パルパティーンのライトセーバーを吹き飛ばします。

追い詰めるウィンドウ、しかしこのあと…

ここから先はぜひ映画でご覧ください。

まとめ:ライトセーバーでは負けてない、メイス・ウィンドウ

ということで、ジェダイ・マスター、メイス・ウィンドウを紹介しました。

エピソード2、エピソード3に見どころの多いジェダイ・マスターです。集団でのライトセーバーバトル、そして、パルパティーンとの一騎打ちはシリーズ内でも屈指の名場面と言えるでしょう。迫力のある大きな立ち回りが特徴です。

ぜひとも参考にしたいですね。当サイト「ライトセーバー剣道」らしく、分析も進めていきたいと思います。

 

それでは、今日もフォースとともにあらんことを!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
東方ヒデキ
神奈川県川崎市生まれのパダワン。修行中の身。ジェダイ寺院(という名のライトセーバー道場)を創建すべく、とりあえずライトセーバーの振り方の勉強からスタートする。トレーニングの様子をインスタグラムで公開中。 本業はマーケッター/セールスライター。法人や個人にビジネスのアドバイスを行う傍ら、クラウドファンディングなどにもチャレンジ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ライトセーバー剣道.com , 2020 All Rights Reserved.