現在ブログ構築中!

カッコよくライトセーバーを振るためのブログ

ライトセーバーのかっこいい振り方「Obi-Ani Spin」もしくは「Senseless Spin」(通称アナキン振り)」を動画で解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
東方ヒデキ
神奈川県川崎市生まれのパダワン。修行中の身。ジェダイ寺院(という名のライトセーバー道場)を創建すべく、とりあえずライトセーバーの振り方の勉強からスタートする。トレーニングの様子をインスタグラムで公開中。 本業はマーケッター/セールスライター。法人や個人にビジネスのアドバイスを行う傍ら、クラウドファンディングなどにもチャレンジ。

やぁ同志よ。ジェダイの騎士見習い、パダワンの東方ヒデキだ。

このブログにたどり着いたということは、キミもジェダイを目指しているのに違いない!

今日は、ライトセーバーをかっこよく扱っているように見える「技」をひとつ、伝えることにするよ。

この地球という星では、ライトセーバーのレプリカを手軽に入手することができる。ただ、手に入れたはいいけどそのままブンブンしててもあんまりおもしろくないというか…ちゃんと修行することって大事だと思うんだ。

「俺、ライトセーバー買ったんだぜ~」って自慢しても、ドヤ顔で光らせるだけでは到底、ジェダイにはなれっこない。そこで、まずこの技を身に付けておけば、そこそこ「ぽく」見せることができる、というのをひとつ伝えようというわけ。ぜひ練習して身に付けて欲しい。

Obi-Ani Spin、もしくはSenseless Spin(通称アナキン振り)とは?

Obi-Ani Spin(オビアニスピン、アナキン振り)っていうのは、地球に伝わる映像資料(スター・ウォーズ、エピソード3)で出てくるライトセーバーの操作のことを言う。

映像の最後、マスター・ヨーダVSパルパティーンとマスター・オビワンVSアナキンのセーバーバトルが交互に行われるシーンで見ることができる。

基地のコントロール室みたいなところに入ったあと、2人ともセーバーを落として、蹴りの応酬をする場面がある。この次に注目して欲しい。

ここ!ここだ!3秒くらい。超短いんだよ(笑)。

ライトセーバーバトルは、フォースを使った先読みの戦いとも言われている。どこにセーバーが振り下ろされるか、相手がどのように動くかを読み合いする、それも戦いのひとつなわけだ。

この場面では、オビワンもアナキンも、切るのか?切るのか?と思わせて、振りかぶらず、セーバーを振り回してタイミングを探りあっている。特に、激昂したアナキンにつられて、オビワンも相当なスピードでセーバーを振っている。

このときのセーバーのスピンをこの地球のジェダイたちは「Obi-Ani Spin(アナキン振り)」と呼んでいるということさ。

アナキン振りと呼ぶのはおそらく日本独自

ライトセーバーの殺陣教室に通うとわかるんだけども、コミュニティに入ると、このスピンのことを「アナキン振り」という呼び方で習う。でも、アナキン振り、アナキンスピン(Anakin spin)って情報検索しても、はっきりとした手順がわからないんだ。

自分で練習するやり方がわからなくてアレコレ調べた結果、海を挟んだ向こうの大陸・アメリカでは、「Senseless Spin(センスレススピン)」と呼ぶのが一般的だということがわかった。Youtubeやインターネットでこの技のことを検索するときは「Senseless Spin(センスレススピン)」で探すと良いだろう。

もちろん、このブログでもセンスレススピンと呼んでいくことにする。

Senseless Spin(Obi-Ani スピン・アナキン振り)をマスターする4つの練習ステップ


いきなりだが、解説動画を作ったぞ!って言っても、セーバー振りながらしゃべってるだけではある(笑)。

これは僕が木刀や杖の「型」を練習しているときにやっていることなんだが、いくつかの段階にわけて練習していくと良いんだ。

ちなみに最初、アメリカの動画を見ててもまったくわかんなくて間違って覚えてしまい、正しく習得するまでに3か月くらいかかってしまった(笑)。正しい動きを見て、手順を踏んでゆっくり練習すればもっとはやく覚えられるはずだ。そう、優秀なキミならすぐだろう。

1.身体の後ろで1回転

動画の1:00あたりに注目して欲しい。

セーバーを自分の身体の横、やや後ろに構えて、前方にくるっと回そう。ブレードの回転方向は、正面から見たときに逆時計回りになるはずだ。

2.背中でストップ

動画の1:30あたりからを見て欲しい。

セーバーをずっと横でぐるぐるしてても、その先の動きに発展しようがない。一度背中、真後ろに持ってきて、ストップしておこう。

3.前に振り出す

動画の2:00あたりからを見て欲しい。

肘から、身体の前に腕全体を出すようにするのがコツだ。身体の前にセーバーが出たら、手首を捻るようにして、前にぽーんと振り出そう。

4.身体の前で1回転して戻る

動画の2:40あたりからを見て欲しい。

セーバーが前に来てブレードが身体の正面に来たら、下から掬い上げていく方向に回す。このときの回転方向は、正面から見て逆時計回りになるはずだ。そのあと腕を大きく身体の横に戻して、最初の構えに戻そう。

 

最初はひとつひとつリズムよく行って、新しい動きを身体に馴染ませよう。「1」でクルン、「2」で背中、「3」で前にポーン、「4」でクルっと回してもとに戻る、と、数字をカウントしながら、動きと声を身体に合わせながらやっていくと良い。

慣れて来たら、スピンの円がきれいに見えるようにするようにしよう。動画の終盤で伝えているように、身体の横でコンパクトに回すことを意識すると、かなりきれいなスピンになっていく。

これができたら、間違いなくジェダイナイトに一歩近づくだろう!がんばって練習しよう。

 

では、今日もフォースとともにあらんことを!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
東方ヒデキ
神奈川県川崎市生まれのパダワン。修行中の身。ジェダイ寺院(という名のライトセーバー道場)を創建すべく、とりあえずライトセーバーの振り方の勉強からスタートする。トレーニングの様子をインスタグラムで公開中。 本業はマーケッター/セールスライター。法人や個人にビジネスのアドバイスを行う傍ら、クラウドファンディングなどにもチャレンジ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ライトセーバー剣道.com , 2020 All Rights Reserved.