現在ブログ構築中!

カッコよくライトセーバーを振るためのブログ

意外にいっぱいあるライトセーバーのメーカー、結局どれが良さげ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
東方ヒデキ
神奈川県川崎市生まれのパダワン。修行中の身。ジェダイ寺院(という名のライトセーバー道場)を創建すべく、とりあえずライトセーバーの振り方の勉強からスタートする。トレーニングの様子をインスタグラムで公開中。 本業はマーケッター/セールスライター。法人や個人にビジネスのアドバイスを行う傍ら、クラウドファンディングなどにもチャレンジ。

こんにちは。ジェダイナイト見習い、パダワンの東方ヒデキです。

今日は、ライトセーバーを作っているメーカーを紹介していきます。メーカーと言っても、もちろん、この銀河でジェダイ向けにライトセーバーを製造・販売している、のではなく(そうであったら面白いのだけど)、地球上でスター・ウォーズ好きをこじらせてライトセーバーで起業しちゃった、的な人たちのメーカーです。

ライトセーバー欲しいな、と思って調べていくと、いろいろあるんですよね…。それが迷いの原因になる、迷いは悲しみ、悲しみは怒りへ…。

それはさておき(笑)、ガチで修行したいのか、ライトにコスプレやごっこ遊びするくらいで良いのか、などによって、購入するセーバーは選ぶべきでしょう。

ULTRA SABERS(ウルトラセーバーズ)

練習用に持ってこいのセーバーならこのメーカー。アメリカに本社があって、相当な数のライトセーバーをジェダイに供給していると思われます。トップページに行くと割引セールスの情報、メールマガジンでも割引セールスの情報なので、一年中割引セールスやってんじゃねぇかな、あと、画面が見づらい(笑)。

スマホでなく、パソコンから見るのをお勧めします。

UltraSabers® Lightsabers | Build Your Custom Lightsaber – Shop The Galaxy’s Best Sabers

歴史が長いためか、握りやすいシンプルなヒルトのデザインが多いんですが…

さすがアメリカというか、こんな形状のもの誰が使うんだよ、っていうものもあります。

僕はウルトラセイバーズからは直接購入したこともあるので、この記事を参照ください!

YDDsaber(YDDセイバー)

Yddsaber – ホーム

最近やけに幅を利かせている(気がする)謎の中国メーカー、YDDセイバー。特にホームページらしいものもなく、Facebookページだけがあります。もともとはどっかのメーカーの下請けらしいです。200ドルくらいで売っているヤングリングが、日本のAmazonでは9000円を切っています。

これは僕の妄想ですが、図面が流出することでパクられブランドのない状態で安く作って売られてる、だなと思ってます。これけっこう中国の金属加工業にありがちで、シンプルな構造の部品や、精密部品ではなく構造用部品で、図面一枚で意味を成してしまうようなものは、すぐパクられるんですよ。

とはいえ、ラインナップにあるヤングリングセイバーは、単色ではあるものの、かなりの強LED、サウンド機能搭載、この価格帯ではほかに見られないです。

さらにジーニアスというラインナップは、16色変更可能、3種のサウンド機能、で10000円そこそこ。破格です。

ブレードが7/8インチという細いサイズなので、激しく打ち合うことには向きません。ヒルトも軽めで、スピンするとすっぽ抜けそうなことがあるので、あくまでもコスプレ用・かっこつける用と割り切ったほうが良いです。

SABERFORGE(セイバーフォージ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Official Saberforge Page(@saber_forge)がシェアした投稿

Instagramにのタイムラインに流れて来る写真がいちいちかっこいい。

SaberForge | Art of the combat saber – Saber Forge

デザインがきれいで、すごくかっこいいものが多いです。ウルトラセイバーズがザ・アメリカな見た目をしてるのに比べても、かなりかっこいい。

レプリカシリーズもかなり忠実に再現されています。飾るにも良さそうですね!

僕はまだ1本も入手してないのですが、いつか1本は欲しいと思っているメーカーです。

セイバートリオ

こちらはアジア圏のメーカーですね。シンプルで使いやすそう、かつ、デザインもかなりかっこいいです。

Custom High-Grade Illuminated Sabers Fabricator – Sabertrio

特徴的なのは、NEOピクセルというLEDを搭載したことで、ちゃんと下部から光っていくオプションが選べること。かなり高価にはなりますが、映画のライトセーバーに忠実さを求めるならこのオプションは外せませんね。

ハズブロ FXセーバーシリーズ

ハズブロはセーバー専業というよりもおもちゃメーカーですね。ルーカスフィルム公式のライセンスのもとに〇〇モデル、という売り方をしているメーカーです。日本の代理店はタカラトミー。

エレクトロニックライトセーバー|LINE UP|STARWARS|タカラトミー

原作が好きだ!まがいものなんか嫌だ!という人はこのメーカーで決まりでしょう。Amazonでの画像を見る限り、梱包というか箱の外観も所有欲を掻き立てられる感じです。

自分で組み立てる!?Adafruitキットの電子工作で自作

これは番外編なんですが、3Dプリンターとはんだごてを使うことで、自作できちゃうみたいです。

電子工作寄りですけど、やはりジェダイの騎士を目指すならば自分のセーバーは自分で組み立てないと…。

部品だけいくつか取り寄せていて、ヒルトも3Dプリントできているんですが、時間がなくてまったく手を付けられてないです。

Etcyなど、海外の通販サイトには、音が出る回路部分だけ売ってたりします。この記事で紹介している各メーカーも、自作する人を想定しているのか、電子部品だけの販売もしているんです。ライトセーバーの文化ってすごいおもしろいですよね。

まとめ

いろんなメーカー観てきましたが、結局迷うので、ざっくりこんな感じで選んでください!

俺はちゃんと修行したいぞ派:ウルトラセイバーズ

コスプレでいいやライト派:YDDセイバーズ

原作に忠実派:ハズプロFXシリーズ

高くて良いからとにかく俺はかっこいいものが欲しいんだ派:セイバートリオ、セイバーフォージ

こじらせちゃった自作派:Adafruit

という感じでしょうか。ぜひぜひ参考にしてください

 

では、今日もフォースとともにあらんことを!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
東方ヒデキ
神奈川県川崎市生まれのパダワン。修行中の身。ジェダイ寺院(という名のライトセーバー道場)を創建すべく、とりあえずライトセーバーの振り方の勉強からスタートする。トレーニングの様子をインスタグラムで公開中。 本業はマーケッター/セールスライター。法人や個人にビジネスのアドバイスを行う傍ら、クラウドファンディングなどにもチャレンジ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ライトセーバー剣道.com , 2020 All Rights Reserved.